試して解った「男性更年期(LOH症候群)に効くサプリ」30種


 しばらく記事をアップせずに申し訳ありません。連日の この暑さが堪えた というのもありますが、精神的に参る出来事などが重なって、ちょっとダウンしていました。という事は、この間、テストステロン(男性ホルモン)の値が低下していたかもしれませんね。

 

 そこで、私が重度の男性更年期障害(LOH症候群)から回復した理由、

「運動療法と、サプリを中心とした食事療法を試行錯誤で組み合わせ、3年以上もの間、地道に続けていた事」

に立ち戻って考えてみました。

 

 今月に入ってガタっと崩れた体調を整えようと、この2週間ほど、自分の体調改善に効いたサプリと効かなかったサプリを 調べあげ、関連した論文や科学的実証データと比較し、つい先ほど まとめあげました。私に効果の見られた物、お勧めできる物は全部で30種です。明日以降、1つずつご紹介します。予告編的に、以下にリストアップだけしておきます。

 

【 明らかに効いたサプリ 】

●ビタミンD3(日焼けによる合成や 食物からでは不十分です):男性ホルモンのアップに

●肝油(いわゆる Fish Oil、DHA,EPA,しかもビタミンE入りの物):脳機能や中性脂肪の改善に

●シトルリン(アルギニン入り):脳機能、男性機能に(即効性)

●エゾウコギ(シベリア人参):抗ストレス、男性ホルモンUp

●Lテアニン:心の平安、イライラの鎮静に

●カゼイン・プロテイン:抗うつ効果、筋肉量アップに

●DHEAクリーム:男性ホルモン増量、やる気、積極性に

●クエン酸カルシウム:脳を含めた炎症の緩和、男性ホルモンUp、骨密度増加、熟眠

●マグネシウム:睡眠、脳疲労回復

●GABA:抗不安、抗うつ、睡眠、禁酒

●5HTP:抗うつ、睡眠、禁酒

●アセチルLカルチニン:記憶力、認知力

●ホーリーバジル:抗ストレス、抗うつ、脳内炎症、男性ホルモンUp

●トンカットアリ:男性ホルモンUp

 

【 何となく効いたサプリ 】

●クリルオイル(オキアミ由来の肝油):脳機能、関節など

●タウリン:男性ホルモンUp,疲労回復に

●SAMe :抗うつ効果、関節など

●ブロメライン:炎症の緩和、男性ホルモンUp、抗うつ、筋肉肥大、関節

●ブルーベリーエキス:目、脳疲労回復

●BCAA:筋肉増量・維持、脳疲労

●クレアチン:筋肉増量、記憶力・認知力

●バレリアン:熟眠

●グリシン:熟眠

●CoQ10:抗酸化、抗老化、疲労回復

●αリポ酸:抗酸化、抗老化、疲労回復

 

【 まだ効果の実感がないが、科学的根拠がしっかりしているので、摂取し続けているサプリ 】

●ラズベラトロール:心臓、集中力、抗酸化、抗老化

●アシュワガンダ:男性ホルモンUp、抗ストレス、疲労回復

●バコパ:記憶力・認知力

 

 これらのサプリを全て毎日摂取しているわけではありません。食品で取れる時には、該当するサプリを摂取しないようにしています(イカ・タコを食べた日にはタウリンをサプリで摂取しない、など)。また、サプリの殆どは多かれ少なかれ薬物耐性を持っていますので、同時に使用し始めると、数か月後、半年~1年後には 全て効かなくなってしまう、という事もよくあります。このため、効能の同じサプリは一つずつ、ローテーションで使っています(例えば、抗ストレスのハーブ系サプリであれば、エゾウコギ →アシュワガンダ→ホーリーバジルなど)。特に、高麗人参系のサプリ(エゾウコギ、マカなど)やドーパミン系のサプリは直ぐに効果がありますが、耐性が付きやすく、2~3週間もすると効果が見られなくなるので、少量を購入してローテーションすべきです。また、ドーパミン系のサプリ(チロシン、Lドーパ、ムクナなど)は心臓に負担が掛かったり、不眠・イライラなど副作用も大きいので、お勧めしません。

 

 ちなみに、上のビデオのように、ボディービルダー や アスリート用に日本でも売っている「複数成分をブレンドした サプリ」、特に「男性ホルモン・Testosterone の 増加」を謳う物は割高で、効いたとしても直ぐに薬物耐性のついてしまう物ばかりでしたので、お勧め出来ません。例えば、上記のマカなどのアルギニン系、エゾウコギ、ドーパ・ムクナなど、即効の代わりに耐性が付きやすい物が混ぜてあります。ですから、飲み始めてから直ぐに満足が得られるのですが、2週間もすると、効果が減り、(薬物耐性が原因なので、摂取量を減らすべき所を)摂取量を増やしたり、さらに多くの同サプリ(あるいは類似サプリ)を購入・摂取して、ますます効果が見られなくなる、内臓に負担がかかる、など副作用と出費の悪循環に陥ってしまいます。男性更年期など、症状に悩むと、一刻も早く治したいので、藁をもすがる思いでついつい買ってしまうのでしょうが(私も最初の頃はそうでしたが)、それでは逆効果。サプリ業界の思う壺です。

 

 それよりは自分の症状に合わせ、単成分のサプリを買って 賢く組み合わせた方が断然効果があります。

  

 また、サプリに頼り過ぎると、DHEA (主に副腎で生成される、男性ホルモンの一種。男性ホルモンの主成分であるテストステロンの前駆体)など、本来体内で自然に合成していた物質を自分の体内で生成出来なくなってしまうので、取り過ぎには要注意です。このため、私も DHEAは 冬季の落ち込みやすい時期で、特別大事な会議やプレゼンのある日にだけ使うようにしていましたし、頻度にして、多くて週に1回(しかも極微量)です。DHEAも山芋・自然薯などの自然食で代用できます。このような代用食品についてもサプリと同時に紹介して行きたいと思います。