抗うつ系のサプリ(2): ジム・キャリーも チロシンと5HTPを推奨

 

 先日の記事で、私が抗うつ効果のあるサプリとして チロシン と 5HTP を組み合わせて飲用し続けているという話をしました。その時に(文字ばかりではつまらないので、関連動画をいつもYoutubeで検索しては記事の冒頭などに載せているためか)、昨日Youtubeからお勧め動画として送られてきたのが、上の Jim Carrey のインタビューです。あの(数年前に終わったロングランの)Larry King Show にゲストとして招かれ、

 

「自分も(他のハリウッド・スターやコメディアンのように)鬱になる事があるが、それから立ち直るため、(副作用のあるプロザックなどSSRI系の)抗うつ剤ではなく、ビタミン剤、チロシン、5HTPといった天然由来のサプリメントを摂取している。これは効くよ~。立ち直れるよ!将来この事について本を書いて出版しようとも思っている。」

 

と、チロシン、5HTPを使う事(すなわち、抗うつ剤ではなく、天然由来の栄養素を摂取することを)推奨しています。

 

 この Jim Carrey の チロシン、5HTPについての説明ですが、私が前回書いた抗うつサプリの記事を要約した感じです(天然素材だから安全、という所を強調しています)。アメリカでも日本でも、この2つを勧める本(医者・専門家の書かれたもの)が多いですし、アマゾンUSAでも日本のアマゾンでも、この数年、この2つ(チロシン plus 5HTP) の売れ筋とレビューが良いので、もしかしたら、このJim Carrey の テレビ発言が発端になっているのかも知れませんね。健康食品のブームは、概してハリウッドのセレブの発言に発端する事が多いですし。

 

 ちなみにJim Carreyがビタミンの話もしているのは多分、

 

(1)ビタミン・ミネラルが不足すると鬱などの感情障害になりやすい(気分・体調に現れる)事、

 

のほか、

 

(2)チロシン・5HTPともに、特定のビタミンと共に摂取する必要があるため(詳しくは後日別の記事としてアップしますが、簡単にいうと、チロシンは空腹時(一番効果があるのは起床後)にビタミンCと糖質を一緒に摂取し、5HTPはビタミンB類と一緒に就寝前に摂取します)。

 

 ただし、最初は少ない量から初め、必要最低限の量に抑える事です。少量であろうとも、毎日のように常飲していると、1~2か月で耐性が付いて効かなくなってきますし、特にチロシンの場合、多量に摂取すると心臓に負担をかける、睡眠障害などの副作用もありますので、注意してください(カフェインと同じで、「少量では効かなくなったから」と言って 量を増やすと逆効果ですし、副作用もひどくなります)。これらについては、また別の記事で詳しく説明します。5HTPの摂り過ぎによる 副作用については、下のビデオで説明してますね。

 

 

 これも近いうちにまとめてアップします。待てない方は、シリーズ前回の記事で紹介した、生田先生の御本を読まれることをお勧めします。

 

2014年1月25日(土)に掲載