諦めないで(2):人生のどん底だったNoahさんも1年程で全快

 

 このサイトでも何度か紹介した上記のアメリカ人男性Noah(ノア)さんのビデオですが、昨日、LOH症候群についての情報を検索していたら、偶然彼の最新版(最終版)の経過報告のビデオを見つけました。

 

 このサイトの今年1月2日の記事で彼の昨冬(2012年11月~12月)の様子を紹介しましたが、上記の最新版のビデオ(今年2013年5月)では 昨冬とは別人のように 快活で生気に満ち溢れ、ジョークや笑顔も見せるほどです。昨日このビデオを観て、

 

「ああ、男性更年期障害(LOH症候群)という 暗くて長い トンネルの向こうには、回復後の明るい未来もあるのだな。」

 

と 将来に向かって 希望を強く持つ事ができました。

 

 Noahさん、ボディービルディングに励み、幸せな家庭生活を送っていた彼が、長引く不調と血液検査から、自分が重症の男性更年期障害(日本でいうLOH症候群)であることを知り、それから3か月後くらいに当たる昨年11月~12月は 死ぬことさえ真剣に考え、Youtubeのビデオで自らの「希望の全く見えない」苦悩を告白していたのに、今ではそれらが全て笑い話に代わっているのですから。私を含め、LOH症候群に苦しむ多くの人々にとっても、是非そうなって欲しい物です。

 

 Noahさん、希望を与えてくれて、どん底からの全快の回復を自分で実行・証明して下さって、どうも有難うございました。

 

 Noahさんもいろんな療法を試し、それについていろんなコメントをYoutubeに載せていますので、それもこれから一つづつ紹介しますね。

 

2013年12月29日(日)に掲載