タンニン・カテキンを避ける(Part 2:イチョウ)

今日は昨日の記事の続編です。

 

タンニン(カテキン)は苦み成分の素ですので、気になって調べてみたのがイチョウ。私は昔、脳に良いから、カフェインが含まれていないから、という理由でイチョウ茶に挑戦したことがあるのですが、苦くて一口しか飲めませんでした。その後名1,2度挑戦しましたが、どのメーカーもダメでした。そこで、錠剤のサプリで取っていたのですが、このイチョウ葉エキス、タンニンの含有量が多いようです。

 

男性更年期の啓発の草分けの故はらたいら氏も(効果があったのか、はっきりとは触れていませんが)イチョウ葉を試していたようですが、こんなにタンニンが多いのであれば、タンパク質の吸収が阻害されることは間違いありません。

 

イチョウ葉エキスのサプリ(錠剤)の場合、毎食後、一日三回(私が今飲んでいるのは、一日5粒を3回に分けて)飲むように説明書きがありますが、せっかく苦心して高たんぱくで栄養バランスの取れた献立を考え、自炊もしたのに、それがお茶などのタンニンどころか、(脳や男性更年期障害に)良かれと思って飲んだイチョウ葉エキスのサプリによって台無しになってしまうなんて。

 

たぶん、こういう失敗の食べ合わせが幾つもあるのでしょうが、毎日摂取していたイチョウ葉エキスが、筋肉肥大や男性ホルモン形成のためにタンパク質摂取量と効率を良くしようとしている男性諸君には良くないことが分かったので、最初は驚きましたが、ネットや書物でいろいろ調べると、その裏付けが次々に出てくるので、読んでいるうちに、もうイチョウ葉エキスのサプリは飲みたくなくなりました。結構お値段がするので、サプリ代の削減にもなって、一石二鳥です。というわけで、明日からイチョウ葉エキスのサプリは取らないようにします(手持ちのサプリは、少しずつ、タンパク質を摂らない時間帯に飲もうと思います)。

 

イチョウ葉エキスを摂りたい方は、食間など、タンパク質を摂らない時に行い、食事中や運動中、運動直後は避けた方が良いと思います。もちろん、たまに少量の銀杏を食べるのであれば大丈夫でしょうが。昔から銀杏の食べすぎには注意って言いますもんね。

 

参考サイト(イチョウの成分:ステロイドも含んでいます)

 

http://www2.odn.ne.jp/~had26900/topics_&_items2/about_Ginkgo_constituents.htm

 

http://www.jpfreepapers.com/?i131349

 

http://item.rakuten.co.jp/honjien-3/c/0000000178/?type=normal

 

2012年12月23日に掲載