カルシウム

 

小魚や秋刀魚など骨の多い魚、牛乳、ほうれん草・小松菜などの野菜から撮るのが一番ですが、三食からの摂取が不足していると感じている方(日本人の大半が不足しています)は、小魚のスナック菓子やおつまみから摂取すると良いでしょう。

 

私の姪(4歳)の通っている保育園では、おやつに いりこ が出るそうですが、以下のスナック菓子だとアーモンド入りで、大人も子供も家族全員で美味しく食べられます。

みんなのおやつ アーモンドフィッシュ 30g×12袋
クリエーター情報なし
ナカシマ

魚が苦手な方は、以下の健康菓子がお勧めです。イライラも収まるそうですよ。

ローラ カルシウム+D 150粒
クリエーター情報なし
明治製菓

摂取量をさらに増やしたい方は、自然食のほか、サプリで補うことになりますが、以下のサプリだとコスパが高く、アマゾンでのレビューも良いです。一日の摂取量の上限をきちんと守りましょう。

魚を食べる日本人でも不足しているカルシウムですが、女性ホルモン(エストロジェン)の力を借りて骨を作ります。男性更年期の予防・治療のために女性ホルモンを誘発する食品(豆腐など、発酵していない大豆食品、グレープフルーツ)を減らしたり、男性ホルモンが女性ホルモンに変換されるのを防ぐ食品(キャベツ・ブロッコリーなど)を多く摂取している男性は、骨密度の低下を防ぐため、カルシウムのサプリメントを摂っても良いかもしれません。ただし、コレステロールを下げる薬など、カルシウムとの組み合わせが悪い物がありますので、現在薬を服用中の方など、お医者さんに相談される事をお勧めします。

 

関連記事:米国メリーランド大学医学部のサイト

http://www.umm.edu/altmed/articles/calcium-000945.htm

 

2012年12月1日に掲載