重曹レモン水(Baking Soda and Lemon)


 この1~2年、アルカリ食品なる物が また流行っているようですが、

「病気の予防と疲労回復が安価に作れる飲み物」


として、最近 米国で 手軽なアルカリ食品として注目されているのが 重曹(Baking Soda) と レモン汁 を 水に混ぜたドリンクです。

 

http://www.budwigcenter.com/fight-disease-and-fatigue-with-lemon-juice-and-baking-soda/#.VbR8PNwVh9A

 

 アメリカ人は 重曹を料理の他、鍋磨き、美白歯磨き、シミ取り化粧品など、いろんな目的に利用しますし、ここ数年日本で流行った節約術の本にも重曹を利用した掃除術などが登場してますよね。Youtubeで重曹(Baking Soda)とレモンで検索すると、そういったアメリカの動画がたくさん登場しますが、上の記事で紹介されている重曹レモン水についても、いろいろ載っています。例えば冒頭の動画では、フィットネス・クイーンの女性がアルカリ食品としての重曹レモン水の効能と作り方について説明しています。

 

 彼女によれば、なぜアルカリ食品が良いのかというと、がん細胞が活発に増殖するのは、酸性(PH5.5以下)の環境であり、体内がアルカリ性になると、がん細胞の増殖が抑えられるからです。彼女の場合、朝、起床後シャワーを浴びた後で多め(上の動画から判断すると、かなり弱そうな弱アルカリ性の物を中ジョッキのようなグラスで作り、短時間で飲んでしまうようです。これは、ごく弱いとはいえアルカリ性のドリンクを飲むと、胃酸が中和して、その後1時間は食事をとれない(胃が消化できない)からだそうです。

 

 また、レモンは酸性ですが、体内でアルカリ性の物質に返還されるのだそうです。レモンのアロマは目覚め・交感神経の活性化の効果があるので、朝向きです。また、果糖を含めた糖分の含有量が少ないので、血糖値や中性脂肪を気にする方には嬉しい食材です。彼女によると、重曹レモン水は しょっぱい・塩っぽい味がするらしいですが(彼女はそのまま飲んでますが)、好みによって、(糖分を気にしない方は)蜂蜜などを入れると良いそうです。糖分が気になる方は、人工甘味料を使うと良いでしょう。

 

 日本のクックパッドにもレシピが載ってますね。

 

http://cookpad.com/recipe/309625

 

 飲み過ぎに気を付け、最初は少ない量から試してみることをお勧めします。

 

2015年7月26日(日)に投稿