アダプトゲン(ハーブ)

 

 アダプトゲンとは、不安、精神的・肉体的疲労などによる ストレスへの抵抗力を高める働きのあるハーブの総称で、アメリカや旧ソ連などを中心に長く使われてきましたが、最近は特に PTSDを含めたトラウマの治療にも効果があると注目されており、日本でもだんだん知られるようになってきました。とはいえ、高麗人参や上のビデオにある Gynostemma (アマチャヅル)のように、日本でも和漢の薬草として昔から使われているアダプトゲンもあります。

 

 私はサプリの量を減らしたいので、天然のアダプトゲンの植物を乾燥させた物をハーブティーとして飲んでいますが、中には(日本国内だと)サプリの形でしか手に入らない物もあります。

 

 そんな中、アダプトゲンとして私が摂取してみて、明らかな効果があったのが以下の3つです。

 

●ゴツコラ (ゴツコーラ)

●ロディオラ (ロディオラ・ロゼア)

●バコパ

 

 私の場合、ゴツコラはハーブ・ティーで摂取し、残りはサプリで摂取しています。バコパは昨日の記事で書いたチロシンを摂取しない時(耐性を付けないための休息期間:約1か月置き)に飲んでいます。ゴツコラはサプリでも試しましたが、私の場合、ハーブティーとして飲んだ時の方が安心感・リラックス感が断然増し、効果がありました。ただ、ゴツコラのハーブ(乾燥した草)を扱っているお店は限られているので、ネットでも簡単に買えるサプリに人気があるのでしょうね。

 

海外直送品 Planetary Herbals Bacopa Extract, 240 tabs 225 mg
クリエーター情報なし
PLANETARY FORMULAS

 

 これらのアダプトゲン・ハーブについては、近いうちに1つずつ紹介しますね。

 

2014年1月21日(火)に掲載